癌の治療方法の種類について

癌の治療法は、まず大きく分けて2種類あります。それは病院で行う治療と、自宅で自分でも行える治療です。

病院で行う治療としては、癌細胞を切り取って増殖を防ぐ方法の「外科治療」、薬を投与して癌細胞を徐々に死滅させる「化学治療」、放射線を当てて細胞の分裂能力を破壊する「放射線治療」があります。自宅で自分でも行えるがんの治療法は主に「食事療法」になります。ここではアガリクスダケ(アガリクス茸)、天仙液、冬虫夏草を取り上げています。

各治療法に関して、それぞれの治療が適した癌の種類やメリット(いい点)とデメリット(副作用)などを解説しています。

様々な癌の治療方法一覧

外科療法:がんの切除(手術)の特徴

早期発見された癌は外科療法で完治することが可能です。外科療法とは、癌の主病巣と転移巣を切り取る方法であり一般的な手術療法ともいいます。但し、血液のがんの場合この方法を用いることはできません。

血液を除く殆どの癌の主病巣と、所属のリンパ節に対して有効な治療方法です。 癌の種類にもよりますが、主病巣だけに留まっており他に転移が見られない場合には外科療法が有効だと言えるでしょう。ちなみに、進行性の大腸がんに関しては腸閉塞を起こす危険があるので、高齢者の方だとしても外科手術が望ましいと言われています。

早期発見が生存率の向上に大きく関わっており、ステージ4期では2割程しかなかった生存率も1期であれば6割から8割になると言われています。初期症状としては風邪に似た症状が長く続きますので、咳が続いたり痰に血が混じっていた場合などは早めに検査を受けることをお勧めします。

続きを読む

化学療法:抗がん剤投与の特徴

癌の化学療法とは、抗がん剤を投与して癌細胞の分裂を抑えながら徐々に死滅させる治療です。癌の種類によってはこの治療方法が最適だと言われており、白血病や悪性リンパ腫や肺がんの場合はこちらの治療方法を用います。

手術や放射線治療後に再発してリンパ節転移や腹膜播種性転移(ふくまくはしゅせいてんい = 癌が悪化・進行して腹膜に種をまいたように転移してしまう症状)などが起きる人もいます。こうした場合は局所的な治療ではなく、全身に効果を発揮する抗がん剤が必要になります。更には、ワクチン療法がうまくいかなかった場合や再発防止や症状緩和が期待できるとして、乳癌や卵巣癌や肺癌に使われることも多いです。ヒトパピローマウイルス感染から起きる子宮頸癌のようなウイルス性癌治療においても効果をあらわすと言われています。

また、抗がん剤治療において副作用は付き物だと耳にされたことがある人も多いかと思います。抗がん剤を用いた治療(癌の化学治療)は、癌細胞だけでなく正常な細胞にも障害をもたらし、体内の白血球を減少させ免疫力を徐々に低下させていくというデメリットがあります。結果、脱毛や吐き気等の副作用として顕著にあらわれてきます。

続きを読む

放射線療法:x線、γ線照射の特徴

放射線療法とは、x線やγ線を照射することで、癌細胞の分裂や増殖を抑える治療です。この治療は局所的な癌には非常に有効であり、日本人の多くが罹患する肺がんの場合はこちらの治療法を用います。

早期発見であったり、手術で切除することなく身体機能や形態を温存させたい時(舌癌、喉頭癌、乳癌、耳の癌など)は、放射線治療を用いることが多いです。更に、悪性リンパ腫のように外科手術よりも放射線照射の方が効果を得られる場合や、脳幹部の脳腫瘍のような手術不可能な部位にある癌にも適しています。また術後の再発や予防の為に用いられたり、骨転移や末期患者の痛みを和らげる時にも使われます。

放射線療法にも副作用はあります。皮膚炎や脱毛、口や喉の渇きに倦怠感など現れますが、基本的には照射が終わると症状は軽減していきます。最近では副作用をより抑えることができるとして、放射線治療の最先端とも呼ばれる陽子線治療に高い注目が集まっています。

続きを読む

食事療法:アガリクスダケ

代替医療とは、現代西洋医学が切り捨ててきた全ての治療方法を指します。 中でも食事療法は、口から入る食事によって免疫や自然治癒力を身に付けることが目標の、最先端な考え方として、今アガリクスダケの存在が注目されています。

免疫力の活性化を目的とした治療法ではワクチン療法が有名ですが、食事療法としてはアガリクスの成分であるβ-グルカンが、癌にとって高い治癒力を持っていることが研究結果により判明されています。 その免疫力の向上効果は大変高いとされ、ウイルス性である子宮頸癌や免疫療法が必要な肺がんの場合はこちらの治療方法を用います。

しかしその一方で、厚労省の発表ではラットを用いた実験において発がん性は認められなかったものの、発がん促進の作用が認められた(アガリクスの摂取によってラットのがんの発生率が増加した)ことや、摂取によって肺炎や肝障害が発症したと訴える人もいるようで、健康にマイナスとなる面もあるのではと危惧されていることも事実です。

続きを読む

食事療法:天仙液

天仙液は、免疫力を高めながら正常な細胞を活性化させ、癌細胞を破壊すると言われています。放射線療法や化学療法では、癌細胞だけを破壊させることは不可能であり、結果的に周囲の正常な細胞も障害を受けることになります。それによって生じる副作用を回避させることも漢方由来の天仙液の役割であり、身体の弱い高齢者の方の治療法として用いられることも多いです。

身体にかかる負担を考えた際、がんの治療で副作用の心配が最も低いのがこの方法です。天仙液は、中国政府によって天然漢方生薬だけの配合・処方による抗がん薬として高い治癒効果が認められています。効果としては、癌の改善や回復、抗がん剤による副作用軽減や骨転移(大腿骨や上腕骨、腸骨などの様々な部位)による痛みの軽減や、末期患者の鎮痛作用などです。

中国の医療機関や大学病院で行われた臨床実験では、胃癌や大腸癌などの消火化器系の癌や、骨転移や骨肉腫、甲状腺の癌などの治癒効果が発表されています。また、肝硬変からくる肝癌、卵巣癌からなる腹膜播種、再発した肺癌にも効果が確認されています。

続きを読む

食事療法:冬虫夏草

冬虫夏草に含まれるβ-グルカンは、アガリスクの17倍、普通のキノコの170倍と多量に含まれています。亜鉛やセレンなどのミネラル類、タンパク質である天然アミノ酸の栄養成分の含有量も豊富で、コルジセピンや抗酸化酵素も含まれています。

免疫力を高める成分や抗がん作用がある多糖体も多く含まれている為、白血病や肺がんの場合はこちらの治療法を用います。冬虫夏草の成分は、アミノ酸やミネラル、核酸にコルジセピンやビタミンcが入っています。ちなみに冬虫夏草は報告されている副作用として、胃腸の不快感や吐き気、口や喉の渇きなどがあります。また、天然の冬虫夏草は細菌に汚染されている可能性がありますので、品質を選ぶ際の注意が必要です。

台湾では、天然の冬虫夏草が原因となった鉛中毒が現在までに2件報告されています。

続きを読む

様々な癌情報

癌の闘病ブログ

癌と闘っている人のブログを癌の種類別に紹介しています。

癌完治情報

癌が完治した!という報告、症例をまとめました。

癌を公表している有名人

有名人の中にも今まさにがんと闘っている人がいます。

墓標[癌で亡くなった有名人]

癌によって命を落とした著名人の墓標です。